植物のある暮らし ~ 植物は寡黙な努力家 ~

植物の成長 植物

今日は植物と接していて、気付いたことについて書こうと思います。

我が家の観葉植物の中には、2015年に吉祥寺の雑貨店で購入したガジュマルがいます。

ガラスの器にハイドロカルチャーで植わっていた小さなガジュマルでした。

買った当初はまだ育て方がよくわかっておらず、ただ水をあげていただけ(途中、カイガラムシにやられる)

そこから植物の知識が付いて、植え替え・メンテをして…とやったら5年後の現在の姿⇩

ガジュマル
見えにくいですが、右下にあるのが最初に入っていた器です。

植物は自分自身を大きくするために、根を発達させます。

根が発達すれば上に大きく伸び、光を得られる範囲を広げられます。また、より沢山の栄養を運ぶために幹も徐々に太くしていきます。

できるだけ伸びた末端に栄養を運びたいので、根から吸収できる栄養量が少ない場合は、下の方にある葉や枝を不要と判断して、枯らして落とします。

成長するスピードはその植物がいる環境によってもちろん異なるし、根が短いタイプもいたりしますが、

大きくなりたいという植物のエネルギーは驚異的で、硬プラの鉢も割るほどの力があります。

成長に貪欲で、自分の成長のために限界までの努力をし、優先順位付けをして不要なものは削ぎ落していく

利口で努力の人(木)です。

人間(私)みたいに、成長したいけどサボってしまう、なんてことをしない植物たちの生き様を見ていると、

私も頑張ろう!!といより、

とても敵わないので、全力でサポートさせて頂きます!!

という裏方に回ってしまうところに、自分の性質を見るのでした。

余談ですが、

沖縄に伝わる、ガジュマルにはキジムナーという精霊が宿るという話を聞いて、いつかキジムナーが来ないかしらと思っていたら、

古木級の話だそうです。私が死んだら、沖縄の知人の家の庭にでも植えてもらおうかな。


miko

mikoが日常の気づきや、考えたことを綴っていきます。詳しいProfileはこちら
タイトルとURLをコピーしました