日々メモ_聴き続けられる音声配信

memo 日々メモ

日々メモは、日常であったことをつらつらっと書くライトな回です。

私はテレビはほとんど見ず、基本的には音声で“ながら聴き”できるものや、

Youtubeを聴いたり、見たりといったことが多いです。

毎週欠かさず聴くものや、毎日聴くものがありますが、

聴くのを辞めたものや、聴き続けられなかったものというのがあります。

何が理由かなと、ぼんやり考えたのでそれをメモしておきます。

  1. 声・話し方が好きになれない
  2. リップ音が多い
  3. 喋る間合いが違う
  4. 原稿を読んでいる感じがする
  5. 個人語りで内容がまとまっていない

好みの問題もありますし、

気にならない人にはどうってことないのかもしれませんが、

色々な音声を聴いていると、私には結構重要な要素です。

喋るスピードというのは、情報量の多さにもなるのですが、

会話を想像した時に、全然自分の呼吸のテンポに合わない人のものは、

聴いていて心地よくないのです。

ビジネス系の方のギラギラした感じとか、ちょっと圧がある感じとかも。

週1ぐらいなら聴けますが、毎日はちょっと辛い。

リップ音はリアルな会話の場面なら気にならないけれど、

イヤホンをして聴いていると、ちょっと不快。

最近気付いたものだと、

“一人で”喋り慣れていない人が、原稿を読んでいるものは、

不思議なほど内容が入ってきません。

ニュース情報は原稿をアナウンサー風に読まれれば、

ニュースとして処理しようとするのか、なんとなく入ってくるのですが、

完成されすぎた文章というのは、聴きにくさを感じます。

聴きにくいなと思っても、頻度を減らして聴くことはありますが、

一つ確実に言えることは、これらの要素が掛け合わさってしまったものは、

確実に聴かなくなっているということです。

あと、聴かないことはないけど、ストレスだなぁと思うのは、

オンライン対談で人によって音量が違うこと。

音量をあげると、もともとデカイ人の音声は大きく、

小さい人のは多少聞こえるようになった程度という。

これはオンラインMTGでもあるあるなのですが(私が小さい方かも)。

個人的な好みもあるのですが、何かの参考になれば。


miko

mikoが日常の気づきや、考えたことを綴っていきます。詳しいProfileはこちら
タイトルとURLをコピーしました