愛犬と快適生活 ~ ご飯編 ~

以前、愛犬との移動について書きましたが、今回はご飯事情について。

我が家の大き目マルチーズは、基本あまり食に興味がないのですが、毎日同じものよりも定期的にご飯が変わらないと飽きてしまうタイプのようです。

先日、愛犬専用のインスタグラムを始めたところ、ワンだふるミートという団体を知りました。

害獣に指定されている猪や鹿を駆除するだけでなく
新鮮なうちに加工処理をして
オーガニックドッグフード
としての活用を目指しています。

https://wondermeat.thebase.in/

こちらでは駆除したイノシシや鹿を素早く処理して、骨や肉を犬用に販売しています。

前回の記事でSDGsについて少し触れましたが、これも1つの意義のある取り組みだなと感じました。

命を繋ぐバトン」というフレーズが印象的で、少しでも無駄にならないようにできればいいなと思ったのと、

なにより購入された家のワンちゃん達が美味しそうに頬張っている姿が沢山、ハッシュタグをつけて投稿されていて、

うちの子がどんな反応をするか見てみたくなったというのが大きかったので、さっそく注文しました。

商品到着~出来上がり

BASEのネット注文で、冷凍パックで届きました。

今回は、イノシシの骨(小)とスジ肉を注文しました。

スジ肉はボイルと書いてあったのですが、骨はどうしていいかわからず、さっそく問い合わせ(インスタダイレクトメッセージで丁寧に回答頂けました!)

180度のオーブンで30分が目安ということで、さっそく予熱開始。

こちらが、焼く前の状態。さっそく興味を持っています!これは期待大!

予熱も終わり、オーブンで焼くこと30分

焼きあがりました!これで完成と思っていいのかよくわかりませんが…(生でも問題ないそうです)

愛犬アトラスの反応は…

こんなにこんがり焼けているのに、完全に無視…

この後も興味を示すことなく、そっとアルミホイルに包んで冷蔵庫にしまいました。

翌日…

希望とイノシシの骨を捨てきれない私は、アルミホイルのイノシシ骨をトースターで温め、ご飯皿に入れておきました。

すると…

興味を持って食べ始めました~!!

骨に付いている肉をしごいて食べているようですが、イノシシの骨は骨まで食べられるようで、

ワンちゃんによって、肉を食べてから骨をガシガシいったり、生のままガシガシいったりと様々だそうです。

途中から、近づくと取られると思ったようで唸るほど。

最終的には背を向けて台所の端でガシガシしてました。急な野性味。

一日では食べきれていないので、水洗いしてまた冷蔵保存しました。

危うく命のバトンを繋げないかと思いましたが、無駄にならなくてよかった…

スジ肉にもどんな反応を示すか楽しみです。

愛犬ご飯の一つの選択肢として

市販で色々売られているものもありますが、なかなか口に合わなかったり、

体質に合わないと、毛質に表れてしまうこともあると思います。

毎回でなくても、たまにあげるご飯の選択肢として、持っていていいのではないかと思います。



miko

mikoが日常の気づきや、考えたことを綴っていきます。詳しいProfileはこちら
タイトルとURLをコピーしました